ホーム » ザガーロ

タグ「ザガーロ」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

AGA新薬「ザガーロ」がついに登場!果たしてその効果はどうなの?副作用は?

ついに出ました!

ガッツポーズ

・・・って何が?


薄毛が気になる方ならすでにご存知だと思いますが、ついにこの度、AGA(男性型脱毛)の新薬が登場したのです。


その名も、ザガーロ

おおっ!、カッコイイ名前ではないか!


ザガーロの成分はデュタステリドといいますが、これは現在AGA治療で主に使われているプロペシア(フィナステリド)同様に、もともと、アメリカで前立腺肥大症を治療する目的で開発された成分だったのですが、その後臨床実験を行う中で、AGAにも効果あり!とされたという経緯があります。


臨床実験を経て、ついに日本で2015年9月に、グラクソ・スミスクライン株式会社がAGAの新薬として、「ザガーロ0.1mg」と「ザガーロ0.5mg」の販売承認を得て、2015年の11月にやっと商品化されたんです。


ということで、全国の皮膚科やAGA治療院でも11月からザガーロの処方がどんどん始まっています♪


ちなみにお隣の韓国では、すでに2009年に処方が開始されていますね。


AGA新薬「ザガーロ」の特徴とスゴイところ!


では、今回発売された新薬「ザガーロ」の特徴をお伝えしましょう。

薬


ザガーロはフィナステリド同様、AGAの原因物質を阻害するという特徴あります。


具体的には、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて脱毛ホルモンである、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭に働きかけると脱毛が起きるというのが、AGAの原因でしたね。

ザガーロは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害することで、DHTの産生を抑えるという特徴があります。


えっ、でもそれってフィナステリドと同じじゃ・・・?


そうですよね?


実は、この5αリダクターゼにはタイプI型とタイプII型があります。タイプI型は、人間の体のあちこちの細胞に存在するのですが、II型は前頭部やヒゲ、前立腺などに存在します。

そして、フィナステリドは5αリダクターゼII型のみに作用し、新薬ザガーロはプI型とII型両方に作用します。


髪の毛に限って言うならば、フィナステリドは前頭部などにのみ作用するのですが、I型が存在している範囲の薄毛には効果がなかったのです。ザガーロは広い範囲の薄毛をカバーできるということなのです。


ですから、今までプロペシアでの内服治療で効果がなかった方は、もしかするとザガーロを治療に使うことで、薄毛が治療できるという期待が持てるようになったんです。

重度のAGAの方にも効果がある可能性も出てきました。

ザガーロの副作用について


プロペシアにも少ないながら副作用がありますが、ザガーロにももちろん副作用があります。(薬には多かれ少なかれ副作用が存在します)

臨床実験で確認された副作用を紹介しておきますね。

・勃起不全
・性欲減退
・精液ボリュームの減少


などが挙げられます。


いずれも性に関わる副作用ですが、フィナステリドと内容はほぼ同じですね。なお、副作用については確認されたのはいずれも軽微なものだとのことです。


これで、プロペシアにつづいてザガーロが登場し、AGA治療の現場も更なる注目が集まってきていますね。


例えば、AGAヘアメディカルグループでは、オプションでAGAリスク遺伝子検査を行っていますが、ザガーロ登場に先立って、AGAの症状に対し、フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)など、どちらの治療が適しているのかを調べることができるようになりました。

遺伝子検査を受けることで、事前に、自分に合った治療薬が判別できるので、それだけ発毛効果も期待できるということですよね。

⇒AGAヘアメディカルグループの詳細はこちらから

薄毛に悩んでいる方、AGAに悩んでいる方、プロペシアじゃ効果があまり感じられなかった方など、ザガーロに期待ですね!

Return to page top